公益社団法人 畜産技術協会
Japan Livestock Technology Association
サイト内キーワード検索
>> TOP >> ヒナの鑑別・養成 >> 鑑別選手権大会の開催

協会概要
資料・報告書
動物遺伝研究所
募集
ヒナの鑑別・養成
めん羊・山羊
出版物
ヒナの鑑別・養成
INDEX
鑑別選手権大会の開催

年1回開催される「全日本初生雛雌雄鑑別選手権大会」には、全国各地から多数の初生ひな鑑別師が参加し、持ち前の技術を披露します。

この大会は、鑑別技術の向上と普及を目的に、100羽のひなを鑑別し、その正確さとスピードを競い、回を重ねるごとに熱気のあふれた競技会として育ってきています。

チャンピオンには、「農林水産大臣賞」が贈られるほか、多数の褒賞が贈られます。

昭和55年の第21回大会では、100%、3分フラットという驚異的な記録が樹立され、この記録はいまだに破られていません。


目的 初生雛雌雄鑑別技術の向上発達を図る。
競技種目 鑑別選手権競技及びグループ対抗競技(以下グループ競技)。
参加者の資格 選手権競技 本会登録の鑑別技術を有する者
グループ競技 仕事先孵化場ないしは地域鑑別師会を同じくする3名の選手
競技用初生雛の種類 選手権競技 肛門鑑別用初生雛 100羽
審査 審査員 審査員は会長が委嘱する。
選考基準 この基準以上の成績を得た者。
受賞 選手権賞 会長賞、農林水産大臣賞
優勝旗、優勝カップ、優勝楯、その他関係団体長賞
グループ賞 会長賞、優勝カップ
その他関係団体長賞

競技会開催年 羽数 タイム 確立(%)
昭和5年(1930) 50 6分00秒 96
7年(1932) 100 12.50 99
8年(1933) 100 8.45 100
9年(1934) 100 6.40 100
24年(1949) 100 4.47 100
31年(1956) 100 3.50 100
40年(1965) 100 3.24 100
42年(1967) 100 3.06 100
55年(1980) 100 3.00 100

 
   
トップページ
PAGE TOP
プライバシーポリシー サイトマップ お問い合わせ English
(C) Japan Livestock Technology Association 2005. All Rights Reserved.