社団法人
畜産技術協会



「民間活力を活用した畜産技術開発事業」成果発表会
 −新しい畜産技術の研究成果−

2012.2.20


当協会が平成19年度から実施してきた、民間活力を活用した畜産技術開発事業で助成を行った研究開発課題の成果発表会を、下記のとおり開催いたしました。

○開催日時 : 平成24年2月3日(金) 13:15〜17:00(受付開始は12:45)

○会   場 : 全国家電協会 5階講堂(東京都文京区湯島3-6-1)

○講演内容 :

  1. 幼牛期のエピジェネシス・刷り込みによる牛の体質改善に関する研究(東京大学大学院農学生命科学研究科)

  2. bmr遺伝子を利用した高消化性ソルガム・スーダングラスの開発と利用方法の確立(雪印種苗株式会社)

  3. 家畜糞のセメント製造用燃料化技術の開発((独)農業・食品産業技術総合研究機構 畜産草地研究所)

  4. 麹発酵法による食品残渣飼料(エコフィード)の飼料価値評価(株式会社源麹研究所)

  5. 自然冷媒冷凍機を利用した酪農向け冷却加熱同時利用システムの実用化(三洋電機株式会社)

  ※当日のプログラムおよび発表会資料は下記よりダウンロードできます

○問 合 先 :  (社)畜産技術協会 研究開発第一部 片山
              TEL)03-3836-2301   FAX)03-3836-2302

ダウンロードはこちらから⇒ プログラム(PDF) 発表会資料(PDF)

 



PAGE TOP

(C) Japan Livestock Technology Association 2005. All Rights Reserved. CLOSE