社団法人
畜産技術協会



令和2年度畜産・酪農生産力強化対策事業(繁殖性等向上対策のうち繁殖性向上に資する情報の測定・分析技術の実証)の
技術実証主体候補者の公募について
2020年6月1日更新

 

令和2年度畜産・酪農生産力強化対策事業
(繁殖性等向上対策のうち繁殖性向上に資する情報の測定・分析技術の実証)の
技術実証主体候補者の公募について
公 募

  肉用牛改良情報活用協議会では、肉用牛の繁殖性向上に資する情報の測定・分析技術の実証に
 いて、繁殖成績の向上や繁殖管理を効率的に実施するために必要となる、発育、栄養度、発情

 
期、広範囲監視技術等の指標を測定・分析する新たな技術の実証に取り組む、技術実証主体の公募
 
を開始しました。

  なお、本公募に係る事務手続きは、公益社団法人畜産技術協会が担当します。(Word:19KB)

概要等

  令和2年度畜産・酪農生産力強化対策事業(繁殖性等向上対策のうち繁殖性向上に資する情報の
 測定・分析技術の実証)の取組主体候補者の公募については、「別紙公募について」
 (PDF:326KB)及び「繁殖性等向上対策事業実施要領」(PDF:662KB)をご参照ください。

応募方法

  技術実証主体応募団体は、下記の応募期間中に「肉用牛改良情報活用協議会畜産・酪農収益力強
 化総合対策基金等事業(畜産・酪農生産力強化対策事業(繁殖性等向上対策のうち繁殖性向上に資
 する情報の測定・分析技術の実証))に係る公募要領」(PDF:366KB)に基づき、「畜産・酪農
 生産力強化対策事業(肉用牛繁殖性向上対策のうち繁殖性向上に資する情報の測定・分析技術の実
 証)応募書」「様式1」(Word:23KB)、「様式2」(Word:25KB)、「様式3」
 (Excel:13KB)、「技術実証企画提案書」(Word:20KB)および「応募書類チェックシート」
 (Word:22KB)を作成し、下記応募先に提出してください。

  なお、応募団体はコンソーシアム協定書の締結をお願いします。難しい場合はご連絡ください。

応募期間

 令和2年6月2日(火)〜令和2年6月30日(火)必着

応募先
 公益社団法人 畜産技術協会 研究開発部
 〒113-0034 東京都文京区湯島3-20-9 緬羊会館内
 TEL 03-3836-2301  FAX 03-3836-2302  E-mail ; oubo(アットマーク)jlta.jp
 ※問い合わせも上記へ 受付時間 : 平日の午前9時30分〜午後5時30分(正午〜午後1時を除く)
その他

  事業の内容等については、「畜産・酪農収益力強化総合対策基金等事業実施要綱事務次官依命
 知(平成28年1月20日付け27生畜第1574号)(PDF:152KB)、「畜産・酪農収益力強化総
合対策
 基金等事業
施要領生産局長通知(平成28年1月20日付け27生畜第1621号)」(PDF:192KB)
 併せてご参照ください。


 

PAGE TOP

(C) Japan Livestock Technology Association 2005. All Rights Reserved. CLOSE