社団法人
畜産技術協会



シープジャパン1995年10月号(16号)
羊毛加工 2 −各種羊毛を紡ぎ比べてみると−
岩手大学講師 中屋 洋子


 県民生活センター商品テスト科のご協力を得て、恒温恒温室で自分の紡いだ毛糸の引張り強伸度を測定した。心を込めて紡いだ糸には違いないが、果して@その品質はどの程度なのか、A紡ぎ方を変えると物性はどう変わるのか、B羊毛の種類によってどれ位違うのか等々知りたいことはたくさんあった。そして試験結果を検討するに当たって改めて、いかに多くの工程を経て1本の糸が出来たかに気付かされる。それは取りも直さず、その糸の品質に影響を与える要因がいかに多いかということである。因みに筆者の紡ぎ歴は10年ほどになるが、技術は「ほめられもせず、苦にもされず」といったところであろうか。

 1.試  料
 外国産:チェビオット(54's)、シェットランド(56's)、フォークランド(60's)、シュロプシャー(56〜58's)、ジャコブ(48〜54's)国 産:コリデール5個体分、コリデールホゲット、サフォーク、サフォークホゲット、ジャコブ市販手編み毛糸:3/6(6番手の3本撚、英国、南米、オーストラリア羊毛のブレンド)

 2.手紡ぎの方法
 セミウーステッド法で紡ぐ。
 @ティージング Aカード(カード機で棋力ード4回縦カード1回) Bドラフト(縦に六つ割り) Cトップ(直径1.5cm位) Dショートドロー(Sより) E3本撚り合せ(Zより) F綛(かせ)にして撚り止め(40〜45℃で30分以上) Gピンと張った状態で乾燥英国産ジャコブ以外は各試料について上撚りの平均的なものと強撚のものを比較した。

 3.試験方法
 JIS L−1095一般紡績糸試験法にて測定測定機器:島津オートグラフ(AG−Aシリーズ)試験長:20cm試験項目:引張強さ・伸び率、伸長弾性率

 4.結果と考察
 表に示すとおりである。

 1)市販毛糸との比較
 「みかけの番手」1's当たりの数値で比較すると、引張強さでは国産のコリデールホゲット、サフォーク、ジャコブ、外国産フォークランドが同等もしくは上回っていた。伸び率では国産のコリデール、同ホゲット、サフォーク、外国産フォークランドが市販毛糸を上回っていた。他の品種は上撚数を多くするなど、紡ぎ方を変えると伸度は増加した。
 測定値の標準偏差は、市販毛糸が最も小さく、手紡ぎ毛糸は特に強度において品種間に差が見られる。紡いだ実感としては、この値の小さいものほど紡ぎ易かった。一定伸びを10%として市販毛糸、国産のコリデール、同ホゲット、サフォークホゲットについて伸長弾性率を測定したところ、いずれも71〜73%と標準的な値であった。

 2)紡ぎ方と強さ及び伸び率の関係
 同じ品種の羊毛でも糸の太さや撚りを変えると強さや伸びは変化する。糸が太くなると強度は大きくなり、撚り数が多くなると伸び率は大きくなる。ただし各繊維には最適な撚り数があって、糸の撚り数を増すと繊維間の圧力が増し、相互の摩擦力が大きくなって糸の強さは強くなるが、ある一定限界を越すと繊維が強く伸長されるようになり、かえって強さが減少するようになる。今回の試験結果を見ると、どの品種でも糸が細くなると強度は低下するが、伸び率の方は品種、あるいは撚りの程度によって増加しているものと減少しているものがあるのは興味深い。

 3)羊毛の種類と強さ及び伸び率の関係
 同年同一場所同種頬の国産羊毛5個体分を紡いで比較してみた。同じように紡いだつもりだが出来上がった糸はかなり違っていた。
 手ざわり、光沢、弾力、白さにも個性があるのは言うまでもない。
 最後に今回限られた試料によるかなりマクロな試験であったが、その結果を見ると、国産羊毛と外国羊毛に際立った遠いは感じられなかった。一見同じように見える羊毛もさわったり、加工してみると実に様々な個性を持っていることが分かる。また加工の段階で更に多様な特性を付加することが可能である。

各種毛糸引張強さ・伸び率試験結果

羊毛の種類 繊維の
番手
3本撚り
の番手
単糸の
番手
上撚り数
/10cm
試験
回数*
引張強さ 伸び率 3本撚り1番手当
たりに換算した



              kgf On On 引張強さ
(kgf)
伸び率
(%)

外国産 チェビオット 1 54's 1.9 5.7 12.4 21 2.3 0.31 29.3 4.4 1.2 15.4
2 1.7 5.1 8.7 15 2.5 0.31 20.7 4.8 1.5 12.1
シェットランド 1 56's 2.1 6.3 13.0 20 2.3 0.19 35.0 4.4 1.1 16.7
2 2.2 6.6 9.8 21 2.0 0.25 27.3 3.8 0.9 12.4
フォークランド 1 60's 1.8 5.4 12.7 20 2.7 0.41 40.2 6.0 1.5 22.3
2 1.7 5.1 9.6 21 3.0 0.32 25.1 3.8 1.8 14.8
シュロプシャー 1 56〜58's 1.8 5.4 12.2 20 2.5 0.39 29.8 4.1 1.4 16.6
2 1.7 5.1 9.6 17 2.3 0.20 21.5 2.8 1.4 12.6
ジャコブ 1 60's 2.2 6.6 11.2 41 2.1 0.22 28.3 3.9 1.0 12.9
国産 ジャコブ 1 1.7 5.1 10.9 50 3.0 0.33 30.3 4.3 1.8 17.8
2 2.0 6.0 9.8 19 2.2 0.18 19.5 3.2 1.1 9.8
サフォーク 1 (54〜56's) 1.6 4.8 12.6 50 2.8 0.19 31.8 4.0 1.8 19.8
2 1.5 4.5 10.9 20 2.7 0.21 31.0 3.5 1.8 20.7
サフォーク 1 (56〜58's) 2.0 6.0 12.1 50 2.4 0.22 37.6 6.0 1.2 18.8
 〃ホゲット 2 1.8 5.4 10.5 20 2.8 0.29 23.7 2.3 1.6 13.2
コリデール 1 (56〜58's) 2.1 6.3 13.7 50 3.5 0.40 49.3 5.9 1.7 23.5
 〃ホゲット 2 1.7 5.1 10.3 20 3.8 0.40 39.8 4.0 2.2 23.4
コリデール 1 2.8 8.4 9.0 29 2.0 0.25 20.5 4.6 0.7 7.3
2 2.2 6.6 9.2 40 2.7 0.26 25.2 3.8 1.2 11.5
3 2.4 7.2 10.5 31 1.9 0.20 23.8 3.2 0.8 9.9
4 2.5 7.5 10.7 42 2.4 0.22 21.6 3.7 1.0 8.6
5 2.1 6.3 10.9 41 2.2 0.25 20.3 3.1 1.0 9.7
市販手編み毛糸     2.6 6.0 9.0 50 3.4 0.13 28.9 2.5 1.7 14.5

 *JISでは50回となっているが、都合により回数を減らしたり測定不能が生じた結果表のような数字になった




PAGE TOP

(C) Japan Livestock Technology Association 2005. All Rights Reserved. CLOSE