公益社団法人
畜産技術協会


 
平成17年度 飼養管理新技術確立・普及推進事業
稲発酵粗飼料の肥育牛への給与技術に関する共同試験・情報収集報告書
(平成15〜17年度)
平成18年3月 (社)畜産技術協会 A4版53頁


概 要
  (社)畜産技術協会では、平成9年度より農水省の畜産再編総合対策の肉用牛高度肥育技術確立事業を実施し、その全国段階における推進部分を担当した。これを引き継いで平成14年度から、日本中央競馬会特別振興資金による(財)全国競馬・畜産振興会の畜産振興助成事業の畜産振興対策支援事業の中の飼養管理新技術確立・普及推進事業に組み替え再編された。
   本事業は、農水省の生産振興総合対策事業による稲発酵粗飼料利用についての共同試験研究成果の取りまとめ、稲発酵粗飼料の肥育利用など農家に導入を急ぐ必要のある新しい技術の情報収集、実態調査等および収集した技術情報による普及啓発も併せて行なうものとされ、平成13年度までと同様の態勢で実施している。
   稲発酵粗飼料の肉用牛肥育の給与技術に関する共同試験は、平成14年度から平成17年度にわたって、宮崎県畜産試験場及び鹿児島県畜産試験場において行われた。本報告書は両場の試験成績を総括的に取りまとめるとともに、収集した稲発酵粗飼料の肥育牛への給与技術に関連する情報を取りまとめたものである。
   また別途、共同試験の成績や中央推進会議において検討された事項をもとに「稲発酵粗飼料の肉用牛肥育の給与技術マニュアル」を作成した。
 
構 成
T 稲発酵粗飼料の肉用肥育牛への給与技術に関する共同試験成績
  1.宮崎県畜産試験場試験成績(平成14〜16年度)
  2.鹿児島県畜産試験場試験成績(平成16年度)
  3.全体とりまとめ
U 稲発酵粗飼料の肉用肥育牛への給与技術に関連する収集情報
  1.稲発酵粗飼料の肉用牛給与に関する研究レビューおよび稲発酵粗飼料による肉用牛肥育に係わるプロジェクト研究等の概要と成績
  2.飼料イネ専用品種「ホシアオバ」および「クサノホシ」の乾物収量およびTDN含量
  3.稲発酵粗飼料がルーメン発酵及び乳生産に及ぼす影響
  4.ホルスタイン種去勢肥育牛への飼料用稲ホールクロップサイレージ給与試験
  5.稲発酵粗飼料調製時の乳酸菌製剤添加の意義と発酵品質の評価
  6.稲発酵粗飼料調製時におけるFJLB添加の実用性の検証
  7.各種乳酸菌添加がイナワラのサイレージ発酵に及ぼす影響
こちらから全文をご覧いただけます pdf


PAGE TOP

(C) Japan Livestock Technology Association 2005. All Rights Reserved. CLOSE