公益社団法人
畜産技術協会


平成6年度畜産技術協力推進事業
牛の受精卵移植マニュアル
平成7年3月 (社)畜産技術協会 A5判357頁


 
概 要
 開発途上国からわが国への技術協力要請は年々増加しており、海外に派遣される技術者も相当の数に達している。開発途上の各国で技術協力事業に従事される技術者の方々は、より的確に、よりスムーズに技術伝達が行なわれるように腐心している。このような状況を踏まえ、平成6年度の畜産技術マニュアルとして「牛の受精卵移植」の分野を取りあげることとなった。
 
構 成
 第1章 受精卵移植技術の背景
 第2章 過排卵処理技術
 第3章 受精卵の回収技術
 第4章 受精卵の形態鑑別と品質判定
 第5章 受精卵の移植技術
 第6章 受精卵の培養および短期間保存技術
 第7章 受精卵の凍結保存技術
 第8章 体外受精技術
 第9章 受精卵の人為的操作技術
 第10章 受精卵の性判別技術
 第11章 関連技術
 
こちらから全文をご覧いただけます
 


PAGE TOP

(C) Japan Livestock Technology Association 2005. All Rights Reserved. CLOSE