公益社団法人
畜産技術協会



傾斜地放牧が肉用育成牛の筋肉性状に及ぼす効果
畜産草地研究所 家畜飼養研究室  木戸 恭子[H13/牛/放牧]


はじめに
 肉牛生産のコストダウンおよび粗飼料多給育成の方法として、放牧が注目されている。中山間地の利用を推進する上からも、高標高・傾斜地放牧がもたらす家畜の運動生理活性の変化を把握し、積極的に生産に利用することが望まれる。肉用牛(黒毛和種)の肥育素牛を放牧で生産する状況を想定して、放牧牛が舎飼牛よりも多く運動している点に着目し、放牧牛の筋肉組織(筋線維の酵素活性、筋線維の径)が放牧地での運動によってどのような影響を受けるかを調べた。

内 容
1.放牧地での運動
 11ヵ月齢の黒毛和種去勢育成牛を隣接する草地(急傾斜区:8.9〜22.0度、緩傾斜区:4.6〜11.3度、 それぞれ約130a)および舎飼いで飼養し、運動量を調査した。放牧区のウシの歩行距離と垂直移動距離は、舎飼牛のおよそ3倍であった(表1)。急斜面が多い放牧地では垂直移動が増加し、運動量が増加するのではと予想したが、急傾斜区では牛が斜面の緩い軌跡を選択する傾向があるため、放牧地の地形による差は無かった。
2.筋線維型について
 筋肉は筋線維が束になって構成される(図1)。筋線維には収縮が遅いが疲労しにくいT型筋線維と、収縮が早いU型筋線維とがあり、T型筋線維は酸化的リン酸化により、U型筋線維は解糖系によりエネルギーを獲得する。筋線維型の構成割合は筋肉の機能、加齢、栄養状態、運動負荷などで異なり、U型筋線維は中間型筋線維を経て、T型に移行することが報告されている。
3.筋線維型と筋線維径
 放牧6ヵ月後の筋肉性状について放牧区(急傾斜区と緩傾斜区)を舎飼区と比較すると、収縮に持久力のあるT型筋線維が胸最長筋の浅部、大腿直筋および半膜様筋で増加する傾向にあった(図2)。後肢の半膜様筋および腓腹筋にはU型筋線維からT型へ移行中の中間型筋線維が多く見られた。また、放牧区では舎飼区に比べ、姿勢保持に関与する胸および腰最長筋の筋線維径が大きい傾向があった。後肢(大腿直筋、半膜様筋、腓腹筋)では、収縮が速く運動に関わる筋線維を中心に径が増大する傾向があった(図2)。

留意点
 T型筋線維を多く含む筋肉は肥育過程で脂肪を蓄積する能力が高いことが知られており、放牧育成牛の肥育素牛としての評価に利用できる。
今後、17ヵ月齢まで放牧地で育成したのち肥育し、筋線維型構成と筋線維径の変化を調査する。

[問合先]
Eメール:kkido@affrc.go.jp

表1 育成期における一日当たりの運動量



 


図1 胸最長筋の横断切片:ミオシンATPase(preincubate pH4.8)反応
による染色黒色反応を示しているのがT型筋線維
左:放牧区 右:舎飼区


図2 育成期終了時(17ヵ月齢)における各筋肉のT型筋線維割合と筋線維径
*: P<0.05 †: P<0.1



PAGE TOP

(C) Japan Livestock Technology Association 2005. All Rights Reserved. CLOSE