公益社団法人 畜産技術協会
Japan Livestock Technology Association
サイト内キーワード検索
>> TOP >> めん羊・山羊 >> ラム肉料理のレシピ

協会概要
資料・報告書
動物遺伝研究所
募集
ヒナの鑑別・養成所
めん羊・山羊
出版物
めん羊・山羊
INDEX
ラム肉料理のレシピ
アイリッシュシチュー(アイルランドの肉じゃが)

■材料
ラム角切り 800g / 玉葱 2個 / 馬鈴薯 6個 / 水またはブイオン 5カップ / 塩、コショウ、タイム

■作り方
鍋に、ラムと厚さ1cmぐらいに切った馬鈴薯、玉葱を入れ、塩コショウをし、水またはブイオンを加えて火にかける。煮立ったら火を弱め、アクを取り除きながら1・2時間煮る。もう一度塩とコショウで味を整える。

美味しく作るポイントは、肉の脂肪はなるべく取り除く。角切りした肉を軽くゆでてから用いる。アクを丁寧に取り除くことである。


ラムのグリル(網焼き)

ラムは、塩、コショウだけでも美味しいが、それに、ニンニク、ローズマーリーを加えたオリーブオイルに漬け込むとラムの味が一層引きたつので、好みに応じて下ごしらえをしたあと炭火で焼き、焼き上がったら、仕上げにレモン汁をかけて食べると大変美味しい。

■材料
ラムの腿肉、肩肉(チャップでもよい) / 塩、コショウ(ブラックペッパー)、レモン、ローズマリー、ニンニク(みじん切り)、オリーブオイル(エキストラバージン)

■作り方
ラムは、食べやすい大きさに切り、上記の材料をボール内でよく混ぜ合わせ、そこにラムを入れて混ぜ合わせしばらくおいてから網焼きにする。


ラムと内臓の串焼き

■材料
ラム
内臓:レバー(肝臓)、ハツ(心臓)、タン(舌)
野菜:玉葱、ピーマン、しいたけ、ミニトマト、長葱等
香辛料:塩、コショウ、クミン、コリアンダー

■作り方
金串や竹串に肉と野菜を交互に刺し、香辛料をかけ、炭火またはフライパンで焼く。


羊肉のポトフ

■材料(4人分)
羊肉 400g:大きめの角切り / 玉葱 1個:8等分に切る / じゃがいも 4個:食べやすい大きさに切る / にんじん 2本 / にんにく 2かけ / 固形スープの素 2個 / ローリエ 2〜3枚 / ナツメッグ、タイム、塩、コショウ:適量 / バター 20g

■作り方
1) 大きめの鍋に湯を沸かし、羊肉、玉葱、スープの素、ローリエ、ナツメッグ、タイムを入れて1時間程煮込む(浮いてきたアクや脂は丁寧に取り除く)。
2) 塩、コショウで味を整え、じゃがいもとにんじんを加えて15分程煮る。
3) じゃがいもが煮崩れないように弱火にしておく。
4) 小鍋にカップ1杯程度の煮汁を取り、2/3位の量になるまで煮詰めバターを溶かす。
5) 肉と野菜を皿に盛り、4)をかけてでき上がり。いんげんの塩ゆでなどを添えると彩りもよい。
冷えて残ってしまった肉は、からしマヨネーズやミントソースをつけてサンドイッチにしてもおいしく食べられます。

はさみ揚げ(2品)

■材料
羊肉の薄切り、小麦粉、卵、パン粉、サラダ油

■作り方

チーズのはさみ揚げ:プロセスチーズの薄切り、塩、コショウ
1) 肉に軽く塩、コショウをふり2枚の肉でチーズをはさむ。

キノコのはさみ揚げ:マッシュルームのスライス、鰹の塩辛
1) 片方の肉に鰹の塩辛を薄く塗りつけ、マッシュルームを並べてもう一枚の肉を重ねる。
2) 具をはさんだ肉に小麦粉、溶き卵、パン粉の順で衣をつける。
3) 鍋にサラダ油を熱して、カラッと揚げる。
4) 油をよくきって好みの野菜とともに皿に盛る。
そのままでも塩味がついていますが、好みのソースやケチャップをつけて食べてもよいでしょう。
塩辛の風味がなかなか美味!

羊肉のピリ辛炒め

■材料
羊肉のコマ切れ(スジっぽい部分を小さく刻んで使うとよい) / ニンニク、根生姜:みじん切り / タカのツメ:種を除いて輪切りにする / 塩、コショウ、醤油、胡麻油、サラダ油

■作り方
1) フライパンでにんにく、根生姜、タカのツメを中火で炒める。
2) 香りが出てきたら、強火にしてコマ切れ肉を炒める。
3) 肉に火が通ったら、塩、コショウ、醤油で味をつける。
4) 最後に胡麻油をたらし、香りをつけてでき上がり。
お酒のおつまみや、ご飯の上にのせたり、レタスに包んでもおいしくいただけます。味付けには、醤油の代わりに味噌やオイスターソース、ナンプラーなどを使ってもよいでしょう。


羊肉は牛肉や豚肉、鶏肉と同じように色々な料理に利用でき、諸外国では高級食材として扱われています。ジンギスカンは日本の代表的な羊肉料理ですが、ちょっと気分を変えて別の料理法を楽しんでみてはいかがでしょうか。

トップページ
PAGE TOP
プライバシーポリシー サイトマップ お問い合わせ English
(C) Japan Livestock Technology Association 2005. All Rights Reserved.