公益社団法人 畜産技術協会
Japan Livestock Technology Association
サイト内キーワード検索
>> TOP >> めん羊・山羊 >> リバーシブル帽子の作り方

協会概要
資料・報告書
動物遺伝研究所
募集
ヒナの鑑別・養成所
めん羊・山羊
出版物
めん羊・山羊
INDEX
リバーシブル帽子の作り方
用意するもの

 ・ カード済みの羊毛A・B2色各40g

 ・ 透明ビニール50cm×50cm位2枚

 ・ すだれ

 ・ タオル

 ・ 帽子の型
(ボール・鍋・植木鉢等で代用できる)

 ・ 石鹸液
(アルカリ性石鹸を湯で溶かしたもの)

 ・ ネット(園芸店で売っている硬質ビニールネットを使用すると、すだれの代わりにもなる)

 ・ 厚紙

 ・ 直径2.5〜3cmの丸棒(節のないもの)


作り方

■ 厚紙で型紙を作る(図1)

■ 透明ビニールを敷いて、その上に型紙をのせる。

■ A色(表になる方)40gを5gづつ8等分する。
(1)半分の4分の1づつを、繊維の方向に縦・横、縦・横とおく。型紙より少しはみ出る位に全体に平均において4段重ねる(図2・3)
(2)(1)の上にネットをのせる。
(3)石鹸液を(2)の上全体にかけ、その上を手で押えて空気を抜く。
(4)ネットを静かに外し、代わりにビニールをのせて押え、下のビニールも一緒に全体を裏返す。
(5)上になったビニールを静かに外し、型紙からはみ出た羊毛を型紙の内側に折り返してかぶせる(図4)

■ A色の残り半分を、(1)(2)(3)(4)(5)と繰り返す。

■ B色(裏になる方)40gを5gづつ8等分する。

■ A色の上に、B色を(1)(2)(3)(4)(5)、(1)(2)(3)(4)(5)と繰り返す。

■ B色の表面が整ったら、使い捨てポリ手袋やポリ袋をはめて(すべりが良く、手が荒れにくい)ネットをのせ、再び上から羊毛が動かない程度に力を入れて全体を摩擦する。

■ 表面が落ち着いてきたらネットを外し、徐々に力を入れて直接摩擦してフェルト化させる。

■ 表面の原毛をつまんで引張ってみて、下の層もついてくるようになったら、下の部分を5mm位型紙と一緒にハサミで切り取る。

■ 切った部分は、摩擦してフェルト化させる。

■ 型紙を出し、中側にも石鹸液をかけて摩擦する。

■ 少しフェルト化したら、裏返えして摩擦する。

■ デザインによっては下の方を引張って広げていく。

■ タオルの上にすだれを置き、フェルトの内側にビニールをはさんでA面とB面がつかないようにして、一緒に巻き込んでローリングする(図5・6)

■ フェルトはローリングした方向に縮まるので、裏・表・色々な方向から巻いてローリングする。

■ 部分的に縮めるときは、そこを強くもんで縮める。

■ 希望のサイズになるまで繰り返す。

■ 希望のサイズになったら型にはめて形を整える。

■ 石鹸を洗い流して、脱水し、型にはめて乾燥させる。

型紙(図1)

この型紙でこれらの帽子ができる
(図2)
(図3)
(図4)
(図5)
(図6)

うまくつかなかったとき

■ つかなかった所を、少し毛羽立たせ、糸で荒く縫ってからもう一度フェルト化させて、できたら糸を抜く。

■ 羊毛で甘撚りの糸を作り、荒く縫って、糸が目立たなくなるようにフェルト化させる。あるいは模様にする。


その日のうちにできなかったとき

■ 途中で作業をやめても、次の日に続きができる。もし何日もできないようであれば、一度乾燥させておく。


その他の応用

■ 違うデザインの帽子を作る時は、型紙の下を拡げたり、サイズを変えたりして、適宣形を変えることができる。

■ ポシェット等も帽子を応用して、型紙を作れば自分だけのデザインを楽しむことができる。

トップページ
PAGE TOP
プライバシーポリシー サイトマップ お問い合わせ English
(C) Japan Livestock Technology Association 2005. All Rights Reserved.