公益社団法人 畜産技術協会
Japan Livestock Technology Association
サイト内キーワード検索
>> TOP >> めん羊・山羊 >> ウールの洗い方

協会概要
資料・報告書
動物遺伝研究所
募集
ヒナの鑑別・養成所
めん羊・山羊
出版物
めん羊・山羊
INDEX
ウールの洗い方
フリースの準備

フリースは、スカーティング・ソーティング(裾物処理)をしておく。ウールを落とさないように軽く持ち上げ、振ってウールの中に入っている細かいゴミなどを落とす。


脂をよく落とすとき(染色するとき)

■ 洗い層に60〜70°C,ウールの重量の30〜40倍量の湯を用意し、毛糸洗い用の洗剤を溶かして洗い液とする。洗い液にウールを静かに入れ、30分から一昼夜温度が下がるまで浸す。押したり揉んだりしない。湯の温度が下がりきらないうちに取り出す場合は、自然放冷する。洗濯機の脱水機で軽く脱水する。なお、本洗い前に、洗い層にぬるま湯(37・38°C)をたっぷり入れ、ウールを20〜30分浸し、汚れと脂を除去する方法もある。

■ 2回目の洗いとして、30〜40°Cの湯に1回目の半分量の洗剤を溶かしてウールを浸す。汚れは浸しておくだけで殆ど落ちるが、落ちにくい部分(主に毛先)はつまみ洗いをする。押したり揉んだりするとフェルト化するので気をつける。軽く脱水する。

■ すすぎは、30〜40°Cの湯の中にウールを入れ、ゆらゆらと動かす程度で2回繰り返す。軽く脱水する。

■ 乾燥するときは、一房ずつ取り、網戸、セーターを干すネット、すだれ等に広げて干す。


洗毛の容器等
洗い
タライ ベビーバス 衣装ケース

脱水
洗濯機(全自動)
*全自動は洗い層としても使える

乾燥
干し台 すだれ 網戸

洗剤(商品名)

 ・ モノゲン(粉末、液体)

 ・ エキセリン(液体)

 ・ アクロン(液体)

 ・ ドライアップ(液体)

 ・ 中性洗剤等ウール用洗剤

 ・ 使用法をよく読んでからお使い下さい。


脂を残すとき(オイルヤーンを作るとき等)

■ 水(洗剤を入れていない)に、30分〜1時間ウールを浸す。汚れのひどい部分はつまみ洗いをする。軽く脱水する。

■ きれいな水ですすぎを2回繰返す。軽く脱水する。

■ 乾燥する方法は、脂をよく落とすときの方法と同じ。

■ 脂の残り具合はあとで調整する。水だけで洗っているので、脂も汚れも当然落ちにくい。ウールの状態によっては、脂でべたべたするものもある。もう少し脂を落としたいときや、白く仕上げたい場合は、ぬるま湯や洗剤を少々使用してもよい。


ウールに適した洗い方の試み

めん羊の品種により脂の質や量が異なり、また、個体(飼い方)により、脂の量や汚れの程度が異なるので、洗剤を溶かした液に浸す前に、湯に浸したり、湯の温度、洗剤の量、洗い方等を色々試してみて、自分なりの洗い方を見つけることが大切です。

トップページ
PAGE TOP
プライバシーポリシー サイトマップ お問い合わせ English
(C) Japan Livestock Technology Association 2005. All Rights Reserved.