公益社団法人 畜産技術協会
Japan Livestock Technology Association
サイト内キーワード検索
>> TOP >> 募集 >> 「畜産大賞研究開発部門」表彰候補事例の募集について

協会概要
資料・報告書
動物遺伝研究所
募集
ヒナの鑑別・養成所
めん羊・山羊
出版物
募集
INDEX

平成22年度「畜産大賞研究開発部門」表彰候補事例の募集について

 当協会では、(社)中央畜産会が「畜産経営体の経営改善及び経営の多角化に資するため畜産経営・技術等の優良事例の紹介及び普及を行うこと」を目的として、畜産経営、地域畜産振興、研究開発部門の3部門から各部門の最優秀賞・優秀賞を選考するとともに、これら最優秀賞の中から畜産大賞の選考を行う、畜産経営技術等支援・表彰事業の中の「研究開発部門の募集・選考」について、委託を受け事業を実施しております。
 研究開発部門では、畜産現場で工夫・開発されて活用されている技術や畜産技術の向上と普及に寄与貢献すると予測される技術・研究成果事例を下記により募集・選考いたします。

1 募集対象事例

 募集は、次のいずれかの内容で個人、グループ等によって日本国内において開発された最近の事例とします。
@ 畜産現場で工夫・開発され、活用されている畜産技術またはその基礎となった研究成果
A 畜産の向上と普及に寄与・貢献すると予測される技術開発または研究成果
 なお、過去3年以内に畜産大賞研究開発部門の最優秀賞及び優秀賞を受賞した事例の再応募はできません。

2 応募の方法
 所定の様式「畜産大賞研究開発部門応募調書」(ダウンロードPDF)に必要事項をご記入の上、ご応募下さい。
 募集は、一般公募といたしますが、推薦者・推薦団体がある場合には、様式の推薦欄にご記入ください。
  募集に関するお問い合わせは、当協会企画情報部 担当;八木、新井(03-3836-2301又はFax 03-3836-2302、E-mail : oubo@jlta.jp)にお願いします。

3 応募の締切

応募書類は、必ず郵送で提出願います。
平成22年9月21日(月)[当協会必着]

4 選考の方法

提出書類をもとに、当協会に設置する研究開発部門審査委員会が審査の上、選考します。
選考の結果は、応募者本人にご連絡いたしますが、提出された書類は返却いたしません。

5 表彰 〔(社)中央畜産会が実施〕
研究開発部門 最優秀賞1点(賞金100万円)及び優秀賞1点(賞金50万円)
なお、最優秀賞については、(社)中央畜産会が別途選考する経営部門、地域畜産振興部門の最優秀賞とともに畜産大賞の候補事例となり、これら3部門の最優秀賞の中から畜産大賞1点(賞金100万円、最優秀賞金100万円と併せて200万円)が表彰されます。

6 表彰式及び業績発表会
(社)中央畜産会が主催する表彰式・業績発表会(平成23年1月28日(金))において、表彰及び業績の発表を行います。 なお、畜産大賞研究開発部門に応募された事例は、最優秀賞、優秀賞選定後、当協会の畜産技術協会賞の候補事例にもなります。


〒113-0034 東京都文京区湯島3-20-9
社団法人 畜産技術協会 企画情報部(八木、新井)
電話 03-3836-2301  FAX 03-3836-2302
メールアドレス  oubo@jlta.jp
PDF 候補事例の募集及び表彰について     PDF PDFファイル
PDF 応募調書様式 PDF ダウンロード PDF PDFファイル
PDF 記入についてのお願い     PDF
トップページ
PAGE TOP
プライバシーポリシー サイトマップ お問い合わせ English
(C) Japan Livestock Technology Association 2005. All Rights Reserved.